読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘すぎるチョコプリン

元が柔らかいのでチューイングとは言わないかもしれません。これより前にグルテンフリーだけどクリームは使っている微妙に矛盾しているようばクラッカーを一枚以下食べ、後悔。完全に前ブログエントリのタイトル状態です。

 

親に言われたこと、日本人留学生集団が大挙して押し寄せたタイミングの悪さ(このプログラムは今年からだそうです)(苦情は上げてありますが今更無駄でしょう)を悲観し、もはや自分がことごとくかわいそうになってきます。例えば親父に床に転がった薬を見てキレられたこと。目を覚ませ、9月は生き生きしていたと言われたこと。母親に悪魔悪魔と蹴られたこと。私が死ぬわ!自殺するわ!が口癖の彼女が、自身の異常性を棚上げし悲劇のヒロイン気取りなこと。あんなのと結婚しなきゃよかった、親も子供を選べない…。いやいや、お前らの欲望の果てが私なんですけどね。大体薬飲む時は早く楽になりたいから余裕ないんだよ。掃除す気力もな。余裕無く飲んだ薬のシートが床に落ちて溜まってるんですね。それを粗末にしてるとか言われてもね。過去の自分と比較されんのは御免ですね、環境変わったんですよ御愁傷様。

生まれて初めて対峙する人間関係は親子間のもの。そして子にとって親は絶対的。それが後々まで影響しないはずがない。親が違う人格だったら私は今こうなっていないと断言できる。例の顎にもその前にも試し行為しなかっただろうから円滑だっただろう。或いはもっとまともな相手を見る目があったかもしれない。周りの日本人を見ていると嫉妬と嫌悪感で吐き気がする。周りに与える余裕は私にはない。それから日本人留学生集団にはだいぶ嫌われていることが分かったので戦うためにはあいつらの中で一番マシな容姿でいないといけない。これが今回の強迫観念の源泉。言わせてもらうけどね、わざとエレベーターの扉閉めるか?私が?あのメガネザル男二番目に嫌いだし、向こうも一番か二番目に私を嫌ってそう。声高に悪口か、猿はバナナ食って死ね。死にたいのは私なんですが…。課題の多さやクラスにまともな知り合いがいないのも重なって、気が狂う。今日は特に、何もかもうまくいかなかった。内向的な人間は損をし、妙に外交的な人間が得をするならこれは狂っている。

 

死ねばいい、けど死ねないから先のことを考える。顎のことは死ぬほど辛い。が、人生についての迷いがあまりに大きいためか彼のことを考える時間が減った。代わりに祈る時間が増えた。わけではなく、今英語圏に一応いることだけで保っている私から、それを取ったら更に人間を憎むことになり止まらないんじゃないか?私は今、不安定な恋愛を取ったら自分には何もない、虚無だと実感しているところ。では、それより外側から表面を見てみれば?英語、ハワイ、それだけだ。人間、優越感無しにはやっていけない。幸福な時期を除いては。何のために何を食べるか、は何のために何をするか、に直結している。摂食障害が時に、人格障害の症状の一つとされる所以だ。自我が無いから自分が何をすればいいのか、どこでなら楽に生きられるのかが分からない。

 

何かの画像で、タイムスリップして妊娠中の母親を自分ごと殺すというのがあって、できるものならそれをしたい。自分は苦痛が無いし親への恨みも果たせるし生まれずに済むし一石三鳥じゃないですか。いや、それどころじゃないかも…。

 

ハワイに長期滞在予定の方へ。ここではビーチに連れて行く友達とアウトゴーイングな精神が不可欠です。